〜星のせせらぎ 太陽と月〜

こころ・からだ・魂、笑顔・元氣・幸せ、これら3つで1つの言葉を大切に、言の葉 (音と耳、観じること)手 (氣、空氣、活力)目 (見守る、みつめる、慈しむ、愛)をもって、日々を日常を楽しく過ごすこと、自分の勤めにこころ寄り添い過ごしてます。占星術(心理占星術)・トートタロットリーディング・インナーチャイルドケアセラピー・おからだ/お顔セラピーなど

1月12日 蟹座満月のメッセージ

f:id:duckrin0719:20170112105543j:plain

 

本日 20:33 蟹座で満月となります。

 

 

昨年、12月29日、山羊座満月から始めました、

新月・満月トートタロット1枚引き

hoshi-taiyo-tsuki.hatenablog.com

 

2回目となるこの度のメッセージも…

本当に、お計らい頂いたなぁと、感じてなりません。

 

そして、かなりのエネルギーを含んだメッセージとなりました。

 

 

本日の蟹座満月のメッセージ

 

では…参ります。

 

f:id:duckrin0719:20170112105636p:plain

【X 10 Fortune 運命】

 

自分の命、自分で運んでいますか?

自分の命、自分で使っていますか?

 

私の命、巡らせていますか?

 

 

運命と言う言葉を聴いて、みなさまは何を真っ先に想い浮かべますでしょうか。

 

「運ぶ命」

生きることで、自分で経験して、加えていく道のり。

自分の力で運び、動かすエネルギー。

 

自(みず)から、自(おの)ずからのエネルギーを使って、進む力。

 

●自らの“みず”は=水の発音と重なる

水は、流れもし、無色で透明。液体・個体・気体へと、変幻自在。

変幻自在は、現れたり消えたり、変化したりが、自由自在。

想いのままに、変化もする。

 

●自ずからは“自然”の意味でもある

しぜんと読めば、

“人手を加えない、物のありのままの状態・成行き”であり、

じねんと読めば、

“この世のあらゆる物の総称。人為が加わらないこと。本来そうであること”

ともいう。



 

 

どのような人達と出逢うか。出逢ってきたか。

年齢を重ねていけば、自分でどのような場所に行くかも選べるし、その選んだ場所で、どのような人達が居て、

その中で、どなたに声を掛けるかも、どのような会話をしていくかも、自分でしていけるもの。

そして、その会話をどのように自分は受け取るかも、どのような言葉を人に届けていくかも。

 

日常でどのような物に囲まれ、どのような本を選び読み、どのような場所でどのような体験と経験をして、どのような行動に繋げていくかも。

 

 

全てのエネルギー、気の発信源は、

【自分】

働き掛けは、自分から。

 

 

外側に運命があるのでは無くて。

運命が宿っているのは、自分の内、と言うこと。

 

 

ー何でわたしはこんな運命なんだろう。

ーどうして私にはこんなこと、感情がマイナスになることばかり、起こるのだろう…。

 

ーわたしはなんて、幸せなんだろう。

ーわたしはなんて、人に恵まれてるのだろう♡

 

さて…なんで、でしょう。

 

 

“わたし”の命を、どう運ばせて、どう使い、どう巡らせているか。

 

もし、外側にわたしの命の運びをお願いしている状態があるのなら…

 

それは、自分は自転車に乗っているけれど、その車輪を自分の足でペダルを踏んで、漕ぐことをせず、

周りにいる人達に、

「わたしの自転車の車輪、回して、ここに連れて行ってください。」

と言っているようなもの。

 

自転車に乗っていらっしゃる方、

初めて自転車に乗った時、どのようにして、乗りましたか。

補助輪からスタートした方、ご家族や周りの方にサポート頂いた方、外側の力をお借りしていた方。

チャレンジャー的な方や、身体感覚によっては、最初から補助輪もサポートも無しの方もいらっしゃるかも知れません。

 

では、いざ、補助輪を外し、サポート頂くことから離れた時、すぐ乗れました?

 

わたしは…擦り傷、切り傷、捻挫…しました。

怪我、しまくりました。(笑)

基本、不器用っすから。(笑)

 

 

周りの友人達がたくさん乗れるようになったのに、わたしはなかなか乗れなくて、泣きながら公園で練習したこともありましたねぇ。

 

ホント、自分のこの身体能力の無さ…って、嫌気もさしたかな、子供だったから、感情のままに泣いて喚いても、したような…。(笑)

 

でも…なんでそこまでして、自転車に乗ろうとしたのかな。

乗れるようにしたのかなって。

 

【乗れれるようになりたかったから】

それだけ。

 

自転車に乗って、行動範囲を拡げたかったし、

友人達と自転車に乗って、冒険するように、遠出する遊びをしたかった。

 

ただ、それだけ。

 

 

だから、

擦り傷だろうが、切り傷だろうが、捻挫しようが、泣こうが悔しかろうが、

やっぱり、やめなかった。

あっ、もちろん、逃げもしましたよ。(笑)

 

『練習行くよー!』なんて、親に言われた日には、

『お腹痛いのぉー。』なんて言って。(笑)

まぁ、わたしの素直な性格で(笑)顔に出ててバレましたけど。

 

でも、

どんな感情に自分がなろうが、

自分も絶対!乗れるようになるって、

自分にも絶対出来るって、

信じてたから。

 

絶対!自転車に乗って、ここに行くの!

この景色を観にいくの!

 

それだけだった。

 

 

“運命”

一般的な意味、

今回のリーディングに必要なところだけ、

抜粋させて頂くとするなら…

 

人間の意志をこえる、その与えられた力のこと。

そうした力によってやってくるもの、幸せ。

 

でもね、幸せがもしやって来たとしても…

 

自分で掴むから、自分の手の中に幸せはあるわけで、

自分で幸せって感じるから、幸せは味わえるわけで。

 

誰も、自分の幸せを、その手に握って貰おうとなんて、やって来て下さらないから。

誰も、自分の口に、幸せの味を味わって貰おうとなんて、運んでくださらないから。

 

 

 

ー自分の命、どのようにして、運ばせましょうか…☆彡

 

自分の足で、命の運びを、巡らせよう。

補助輪外して…

観たい景色を観に行こう。

行きたい場所に、遠出しよう。

逢いたい人に、逢いに行こう。

 

《大丈夫。》

 

擦り傷、切り傷、大したことない♪

癒えるから。

もっと怪我した時は…周りの人に、その経験話したら、身体もこころも軽くなるよ♪

 

すっごーーーく!痛かったのー!

すっごーーーく!辛かったのー!

しんどかったのー!

こんなことあってさー笑えるでしょー?

なんて言ったりして、

笑いの種やお相手の花咲く栄養に、変えたら良い。

だって、私は、変幻自在なんだもの。

 

 

その話が、人にとっての花咲く養分になって、大輪の花が咲く力になったら、それって、自分だったからお届け出来た、とてつもなく素晴らしいエネルギー。

その話が、自分の種だったとしたら、周りの方々から、栄養頂いて、花咲かせて…。

その花で、周りの人たちの目が楽しめる、癒される、笑顔になる花束に変えて、

感謝のこころ添えて、贈り物に変えられたら…

その自分の種って、どんな輝きにも引けを取らない、幸せと愛の溢れる、唯一無ニのエネルギー。

 

 

ートートタロット 〔運命〕に当てられた数字は、10

 

10は、一桁を、ゼロにすることで、一の位が上がり、十の位へと位を上げることが出来る数字。

 

この、ゼロという数字に、意味に、

今までの自分を、否定するように、なかったことにする意味合いとして、捉えるか、

無駄なこととして、悔やむ感情に溢れさせるのか、

それとも、ゼロということばに、

変容の時と取るか、成長、進化として、一歩踏み出す時が来たと、捉えるのか。

 

 

どちらで捉えるかは、自分次第。

運命は、私の内で、あなたの内で、すでに巡って回ってるのだから。

 

 

今までの自分にサポートして貰った考え方、価値観、思想、補助輪…

卒業するもの、さよならを告げるもの、自分次第。

荷物の中身を軽くして、これからの道に進む準備、始める一歩も、自分次第。

 

運命の輪に続く、トートタロットの絵札を想えば…

まだまだ旅の途中なのです。

これからこれから〜♪もっともっと!楽しめる道に繋がる、その通過点♡だから。

 

 

ー全てのことは、ただ、あること。在ること。

だから…

何をしても、何を成さぬも、人はただそこに、野に咲く花のように、すでに美しく在るもの。

 

そして…

全てはあなたに結ばれる善しとして、

あなたにとって、

何ものにも変えがたい御守りになり、素晴らしい宝物になる。

 

 

さぁて!運命の車輪、回してみますかね♡

 

〜〜〜〜

 

★トートタロット講座、開講中です。

詳細は、こちらをご参照ください

お陰様で、1月の講座は満枠となりました!

2月の講座開始となります。

hoshi-taiyo-tsuki.hatenablog.com

 

 

 ★各種セラピー・セッションのお問い合わせ/ご予約はこちらから 

セラピー・セッション お問い合わせ/ご予約 フォーム

 

 

★2017年2月4日から新メニュー始まります

hoshi-taiyo-tsuki.hatenablog.com