〜星のせせらぎ 太陽と月〜

こころ・身体・魂の結び、笑顔・健やかさ・喜びと共に、 “命”を育むことへの想い・魂の声に耳澄ませ、こころ通わせ、源との繋がりを大切に、日々勤めています。 出逢うという奇跡、ご縁のあったみなさまとのお時間、空間にて…その場で起こる対話・気の交流に寄り添って、ご一緒に過ごす時が、みなさまにとって、一生の宝物へと結ばれますように、祈りと願いを込めて。

一生の宝物

3月3日 ひな祭り。

 

この良き日に、わたしにとって、一生の宝物になるものを、授けて頂きました。

 

f:id:duckrin0719:20170303103528j:plain

 

わたしのブログタイトルにも使用している

 

【星のせせらぎ 太陽と月】

 

この一文は、わたしの全てを、込めています。

 

それは、今、携わらせて頂いている、仕事もしかり、プライベートもしかり、

そしてなにより、わたしの人生全て、命そのものを、表現する言葉として、想いを込めて、綴りました。

 

 

そのわたしの世界を、表現するときに、

何か目で観て、視覚として、印象に残るものが発信出来たら…

 

そう、ぼやんと想ったタイミングで、ご縁を頂けたのが、

この度、こちらのARTを描いて下さった

 

島崎 さやかさん

ameblo.jp

 

 

彼女には、まったく、わたしの世界観を、お伝えしていません。

 

初めてお逢いした時に、唯一言ったキーワードは、

 

【月】

 

 

でも、その月から派生していく、根源の世界観は、言葉にはしていなかった。

 

 

けれども、彼女は、見事に、言葉にしない、していない、わたしの奥深くに大切にしている世界を、絶妙に、そして、わたしの想いに寄り添って、そのままを、ARTとして、表現してくれました。

 

 

そして、色彩にまで。

 

 

わたしの大切にしたい世界、

大切に育みたい世界を、

わたしの気持ちを想像して、

寄り添って、

一緒に、

創ってくださいました。

 

そこに、なんのテコ入れもせず、着色を加えようともせず。

 

私という、存在そのものを、尊重してくださいました。

 

 

ただ、ありのままを。

 

 

 

こんなにも、代弁するように、ARTに込めてくださるなんて。

 

言葉になりません。

 

 

ただ、ただ、感謝の気持ち、

ありがとうございます

としか、伝えられない。

そのもどかしさ。

 

だけれど、一番伝わる言葉は、

きっと、

ありがとう。

それしか無いから、

何度も何度も、わたしは彼女に、ありがとうございますと、お伝えしたいです。

 

 

 

ー目で見えているもので、人は判断する

 

それは、自然なことだけれど。

 

対、人に対して、もし

言葉だけの比重、その方の自分の捉える印象、その方の持ち物や服装、どのような仕事をされているか、生活スタイルはどうか、どのような環境に身を置かれ、どのような方々と交流があるか、

そういったものに、割合として、焦点を当てる割合を、上げ過ぎてしまったなら…、

本物の、その人の命と、触れる機会を失う。

 

 

その人の醸し出すもの、表情、雰囲気、時には、纏われているオーラ、

そして、眼の奥にも、その方の命は宿っていて。

 

 

目の前にいる方は、確かに、その人だけれど、その日その時の、その人であって、

その人の一部であって、全てでは無いから。

 

 

ー奥深く汲み取れる洞察力を、観じる力、育むこころの大切さ

 

 

自分自身の物差しとして、定規として、培ってきた、杓子定規のような感性や価値観、捉え方で…、

対  対象も、その自分の物差しと定規だけで

当てはめて接していないか、

その定規を基準に、相手の枠を決めつけていないか

 

目で見えるものだけではなく、洞察力・観じる力を育む心を、

この絵を観る度に、

私は、初心に立って、

自分の大切にしていきたい世界を、創りたい世界を、

感じられる人でありたいと想います。

 

 

彼女は…

より深い所で、人と接するものをお持ちなのだと思う。

 

だから、時に、その深さゆえ、言葉にする言葉が当てはまらず、表現の仕方にもがく時も、もしかしたら、あるのかも知れない。

けれど、

だからこそ、彼女には、ARTという世界で表情するエネルギーが、授けられているのだと感じます。

 

でなければ、これだけのものを、わたしの世界観を、コピーするように、描くことは不可能だと思うから。

 

 

本当に、凄い方だと…

この作品の仕上がりを通して、滲むように、染み入るように、彼女のこころを、感じていました。

 

 

さやかさん、さやかさんの世界が、よりこれから益々花開かれ、満開の桜の如く、咲き誇りますことを、こころから、ご祈念致しております。

 

 

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

*各種セッション・セラピーのお問い合わせは、こちらをご覧ください

セラピー・セッション お問い合わせ/ご予約 フォーム

 

*遠隔ヒーリング・セッションのお問い合わせは、こちらをご覧ください

遠隔ヒーリング・遠隔セッション ご予約フォーム