〜星のせせらぎ 太陽と月〜

こころ・身体・魂の結び、笑顔・健やかさ・喜びと共に、 “命”を育むことへの想い・魂の声に耳澄ませ、こころ通わせ、源との繋がりを大切に、日々勤めています。 出逢うという奇跡、ご縁のあったみなさまとのお時間、空間にて…その場で起こる対話・気の交流に寄り添って、ご一緒に過ごす時が、みなさまにとって、一生の宝物へと結ばれますように、祈りと願いを込めて。

〜宇宙・ほしのお話会〜 “わたし”の1番欲しかったもの

昨日、こちらは夕方、突然の雷雨がありました。

お昼は晴天の空模様でしたけど、まさに

春雷轟くといった天気。

 

みなさまのお住まいは、いかがでしたか。

 

 

そして本日4月4日は、二十四節気清明(せいめい)

太陽黄径15度。

春分から数えて15日目頃を言いますが、2017年は本日が、清明

 

春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したもの。

万物が若返り、清々しく、明るくて、美しい季節。

新芽も芽吹き、花の香り、春の香りが、風に乗って、そっと頬を撫でる、

そんな時を感じます。

この時期、この時に…こころも穏やかに、健やかに、お過ごしとなられますように。

 

 

今日は始めに、こちらの曲を載せたいと思います♡

 

 

槇原 敬之さんの曲/僕が一番欲しかったもの

 

youtu.be

 

こちらの動画も素晴らしいのですが、

この動画でも観て頂きたい!という方は、著作権ですかね、貼れなくて…

槇原敬之 2004年 日本武道館

このキーワードでお調べ頂けましたら、検索サイトに出て来ます。

ぜひ!ご覧頂きたいです♡

オーケストラとコーラスと、とっても素晴らしいです。

観客の方々との一体感、会場の雰囲気と。

 

 

〜“わたしの”1番欲しかったもの〜

 

ここだなぁって、これだなぁって、

気付かせて頂いた曲でした。

 

歌詞、メロディ、とっても胸打たれました。

 

 

この曲のこの歌詞と重なる、この景色を、わたしも観たい。

 

だから…始めるのです。

 

 

『宇宙・ほしのお話会』

  

 

この場が、その景色で溢れますように…。

 

 

〜〜〜〜

 

宇宙・星のお話会について触れる前に、

現在、個人セッションでご提供しております、占星術についてお話します。

 

占星術(心理占星術)のセッションの99%は、

 

【出生図に焦点を当てて詠むセッション】

 

です。

(99%というのは、お客様のご要望によって、以下の種類の詠み方などもさせて頂くこともあるので。)

 

⚫︎トランシット

(出生図と、現在通過している天体の相互関係から未来を予測し、天体の力を活用する方法を導き出す)

⚫︎プログレ

(出生時のホロスコープを元にして、実際の1年を一度として換算。出生図のホロスコープを動かして、未来を見る)

 

など、様々ありますが、

その中でも、

出生図

(人が生まれた瞬間の、その場所での天体の配置図)

を詠みこませて頂くことを第一に、セッションをご提供しています。

 

 

ー未来は変わる、変えられる

 

ー運命は、自分の命を自ら・自ずから運ぶこと

 

ー使命は、自分の命を自ら・自ずから使うこと

 

 

外側の流れや状況を観た時に…

不確実性のある日々の生活に、

様々な方々との関わりの中に、

その流れや状況に添ったり、身を置く中で、

人との関係を育んでいく、

その時々、場面、環境。

 

【自分を生きる、自分在ること、基礎体力、体幹をどう付けていくか、どう付けておくか】

 

  

イメージは、サーファーの方々やスキー・スノーボードをされる方々のような姿。

 

 

例えば、サーファーの方でしたら、

その日の天候、風、波を観て、そして季節によって、場所を選ばれたり、時間帯を選ばれたりして、サーフィンをされるかと思います。

 

『〇〇の波、あそこは良い波来るんだよー!最高だよ♡』

『△△の波は、冬こそ良くてさー。』

ですとか。

その話を聴いて…

おぉー!となって…

行くか行かないか。

(余談ですが…サーフィン、20代の時にしておりました♡これを機に再開しようかなぁと思ったり?!笑)

 

となった時に、

天候も変えられない、

波も風も、

人の力では変えられない訳で…。

 

『風よ吹け!』

『雨よ止め!』

 

…無理ですね。(笑)

 

 

となると…

そのサーファーお一人お一人の選択、判断、決める…ということが、その場その時に関わってくる。

 

 

まず、場所選びからそうですし、

いざその場所に行った、となるならば…

 

この波なら行ける!行こう!と判断して波に乗るのか、

この波なら行かない!行けない!と判断されるのか、

 

波が来ました!乗り切れるか、あ〜っ…て、乗れずに途中でボードから降りるとなるか…。

 

 

サーフィンというスポーツは、

命と共にあるスポーツで、

自然の状況によって、波や海の状態によって、

まさに生きることと隣に合わせにあるスポーツでありますから…、

自己判断をどう行うか、その判断を冷静に、的確にしながらも、

万が一、波に飲まれた時の、自分の命の守り方も必須事項。

 

 

自分の意思・意志だけでは、どうにも出来ない状況と共にある、自然の中で、

波という海・自然と一体になりながら、一部ということを感じながら…

自然に自分の身を置かせて頂く、

自然という源に、入らせて頂く、

自然の生きる力に、力を頂きながら、

サーフィンをする。

 

そして、自分の存在をもってして、波に、海に、自然と共にあることで…

自分という存在を通して、何をさせて頂けるのか、お贈りさせて頂けるか、

【愛をもって、愛と共に】

ということも、同時に起きていて。

 

ー自然と自分の間に、循環がある、循環が起こる

 

 

仮に波が、確実に、毎度毎度、同じ高さ、同じ勢いで、毎分・毎秒とリズム良く来ると、設定が出来たとしても…

先の波の状況が、未来の波が分かっていたとしても…

その波に乗る自分自身の身体の状態と、ボードとの信頼関係は、変わらず大切であり、波に乗るということへの心持ち、心構えも変わらない。

 

 

最終的には、

 

ー自分の在り方

 であるし、

ー自分の命の運ばせ方、自分の命の使い方

 

 

そして

 

ー自分1人では成り立つ世界は、どこにもない

 

ということを、感じられるスポーツでもあります。

 

 

自分という存在を、個として一つ掘り下げるなら…

何にも通じますが、

基礎・基盤の大切さ

そして、自分の軸、芯や核の大切さ

 

 

サーフィンの場合、最初は、砂浜にボードを置いて、パドリングといって、ボードにうつ伏せになって乗って、

その状態が、今実際に波に乗っていると想定して、砂浜の砂を波に見立て、手で砂を掻き、波を受けて水掻きする際の練習をしたり、

波が来たことを想定して、

「はい!波来ましたー!1・2・3!」

のリズムで(私の初サーフィンの時は)ボードの上に立つ練習をしたりしました。

 

何度も、繰り返し、しました。

 

 

ですが砂浜で、いざ出来ましたー!

となっても…

お相手は自然の海、波ですから…

砂浜での練習が仮にできたー!でも…

 

 

…出来ない…

…乗れない…

 

 

味わいます。

 

 

砂浜は、動かないけれど、波は変則的。

それくらい、想像と想定では及ばないのものが、自然と海と波にはある。

 

 

その海と波の中に身を置いた自分は、

どういう気持ちで、その波と共にあったか

コントロールするように接していなかったか

 

などなど…

様々な自分と対話することも同時に直面していたり。

 

 

頭でというより、身体で感じて、感覚で、自然を観じて、波を観じて、風を観じて、呼吸を合わせて…というような時間の中にも居る。

 

 

そのような、想定と想像のつかない海や波があったとしても、

地上での基礎がなければ、絶対的に波には乗れないし、

自分の軸や芯があることで、

基礎体力や体幹があることで、

自然の中で、波の前で、その時々の柔軟さに耐え得るし、しなりもして、しなかやな動きも生まれてくる。

 

その基礎や基盤、軸や芯をもって、基礎体力、体幹、しなり、しなかやさが在る時に、

想定外の中で開けていけるもの、

身体感覚からキャッチ出来るものが芽生え、

見出せる答えというか、

言葉では表現出来ない答えというか、

世界が観えるというか…

そういうものに、繋がる。

 

閃きとも言える、直観とも言えるもの

 

これは、日常にも、重なるもの。

 

 

だから、日常の自分の身体同様、こころへも、足腰が強くあるような、基礎と基盤を大切に、芯と軸、基礎体力、体幹、そして核を育む大切さがある。

 

 

基礎と基盤を身にして、動くこと、

軸と芯、核。

基礎体力、体幹

 

基礎と基盤をもって、軸と芯、核があるから、

ブレないものと、柔軟さとで…自らで前に進む力にもなれるし、

こころの基礎体力と体幹があるから、あらゆることへ、向き合っていく力にもなる。

 

 

観える世界も、認識されている世界も、

自分の見方によって、いかようにも映る、

その世界の中に、変則的な、動きはあって。

 

その変則的な日常の波に、

自分はどう乗っていくか。

 

 

その波に乗っていく基礎や基盤として、

自分を知ること、見つめること、観じること

を、自分の軸や芯、核に繋げていく。

その1つのきっかけに、出生図のホロスコープで、自分を知っていく、見つめてみる、観じてみる。

 

それは、場面ごとや断片的、ごく一面・一部である自分の姿になるけれど、

礎の一部分の自分を知ることで、全体の自分に通ずるものではあって。

みなさまそれぞれの、数ある経験や体験、学び得たもの、知識など、区分けされたものの一つに、ホロスコープがある、というように。

 

 

そして、不思議なもので…

波乗りと同じように、

出生図のホロスコープを詠んだことをきっかけとして、人それぞれの詠み込み方を通じて、

自分と対話を重ね、

自分の感覚と、今この時が共にあることを観じ始めた先に、

自然の摂理と共にある、その場その時を観じながら、

自ずと在る、生きる、決める、動く

という流れに結ばれていく、その感覚を味わえるようになる。

 

波と向き合い、体感や五感、波の色、肌に受ける風の圧、風向き、潮の香りと…

そちらに気がいくようになれば、

地上で練習したパドリングやボードの上に立つという、基礎や礎よりも、

波の中の感覚に意識がいくように、

波に乗る、という、実際の体感を得て、様々な波に乗ることが出来るようなっていくように。

 

 

そのような感覚や体感へのきっかけとして、

気付き、場合によっては、目醒めというような、流れを起こすきっかけとして、

ご提供しているセッションでは、

目で見て理解する自分のホロスコープ(出生図)、というよりも、

耳から聴いて頂いた、セッションでの言葉を通して、

自分を知る、見つめる、観じて頂く時間を大切に、

・セッションで耳にした言葉1つ1つは、自分にとって、どのようなものなのか

・お受け取りになられたその感覚は、どのようなものだったか

・受け取り頂いたものを通して、何を観じて、どのような気付きがあったか

・自分のどこを見つめ、知るきっかけとなったか

など…

お一人お一人が、自分と対話をして頂けますように…

お贈りするセッションに勤めております。

 

 

ホロスコープを人として接して、観て、詠ませて頂く、出生図を元にしたセッションは、

言葉として表すことをしていなかった自分かも知れないし、

確認の自分かも知れないし、

想像していなかった自分かも…知れない。

 

初対面の方から受ける、自分の第1印象が違うように、自分という存在へ掛けられる表現方法、印象は十人十色。

 

その十人十色の中の、1色になるのか、7色程の色とりどりでお贈りする時間として、セッションでの内容を観じられるかも…お一人お一人、十人十色。

 

出生図1つをとっても、様々な深いものが詠める、自分を見つめて知る機会を通して、

ホロスコープで観じた世界の自分から、肉体のある自分へと還った時に、

人として、自分自身で動き始めた先は…

どんな自分で、自分の道を描いていくのでしょう。

 

 

ー可能性も、その人自身の姿も、まさに宇宙のように、無限に拡がるものを、お一人お一人持っている

 

 

お一人お一人の可能性の一部として、

自分の基礎・基盤の一部として、自分の軸、芯、核となるものを見つけるきっかけに、

気付き、知る、観じるという、自分との対話の時間 

 

その方その方によって、何に重きを置いて、何を基礎と基盤とされるか、

基礎と基盤の創り方も様々。

ご自身の心の声に添って、自分を知る時に、立ち止まってみる時に、

基礎や基盤というものを、どう見つめていくか、どう在るか。

その時に、出生図のホロスコープは、1つのお力となれると思います。

 

 

ー日常の寄せては返す波波に、どう乗っていくか、どう乗っていきたいか

立ち還る場所として。

 

 

 

ここまでの話が、個人セッションでご提供している占星術(心理占星術)・ホロスコープです。

 

 

そして…これまでの話を含めた内容と共に、

 

ー自分1人では成り立つ世界は、どこにもない

 

こちらの世界を観じて頂くきっかけとして、ご用意しましたのが…

 

 

★『宇宙・ほしのお話会』★

 

 

個人セッションでは、対お一人さまと私との2人の場。

個人セッションでの場の素晴らしさもありますが、

一対一の双方で起きるキャッチボールのような流れから、

循環という流れを通して、

人と人との交流を通して始まる、起こる、

渦のような循環、エネルギー(気)の循環の素晴らしさを通して、

人との触れ合いをきっかけに巻き起こる、奏でられる世界

みなさまそれぞれの内なる変容や気付き、一体感、共鳴を、

みなさまと共に、創る場としたかった。

(まさに、転載した、槇原敬之さんのYouTubeの会場の一体感のような)

 

 

〜お相手のホロスコープを感じる機会=お相手の宇宙を観る機会として〜

 

この日この時このタイミングで、お話会をご一緒している方々、

共に居るということ自体が、ご縁であり、何かのお計らいとして…お集まり頂けた方々だと思います。

 

ー出逢うべくして、お逢いしたみなさま

 

そのご縁あった方々とご一緒に

自分を見つめる・知ることで、自分を深めていくことで…

ご一緒の方々も、それぞれの自分を見つめ・知ることで…

初対面なのに、お互いに、こんなにも重なることがあること、

そして、

違い、という中から見つけていく、自分と重なるところ

違いがあるからこそ、お互いを補い合える力が生まれること

など…

 

それぞれの観る世界、

感じている世界は、

こんなにも色が違い、

そして、どの世界も

色とりどりに富んだ、美しく世界があることを、

観じる場と時に、通じると思います。

 

 

お相手のひかりに照らされ、自分は輝いていること、輝けていること

自分のひかりに照らされ、お相手は輝いていること、輝けているこ

そして…お互いの闇の中に、それぞれの希望をひかりを見つけられること、観じること

 

 

まったく知らなかった、初めましての方同士の宇宙=ホロスコープを知ることで、

体験出来る世界があること、分かる世界、初めて観えた世界があることを、

ご家族・ご友人・パートナーなど、ご一緒にご参加して頂くことで、知っていると思っていたけれど、まだまだ知らなかったお相手の宇宙に、それぞれが旅していけること、

観て、感じて頂ける世界を、ご提供させて頂きます。

 

 

4月度の開催は以下となっております。

 

 ★宇宙・ほしのお話会   4月21日(金)

〜自分の宇宙への扉を開ける〜

心理占星術についての概要、星気についての話しと共に、
備わっている一面として詠める、


⚫︎自己実現の為に使うエネルギー


⚫︎自分の全体像にも結ばれる心理的欲求


⚫︎自己実現の為に必要なエネルギー
などについて、お一人お一人にお伝えしながら、対話を深めて参ります

 

★宇宙・ほしのお話会   4月24日(月)

〜自分の宇宙と対話を深める〜

⚫︎自己実現の為に使うエネルギー


⚫︎自分の全体像にも結ばれる、心理的欲求

⚫︎自己実現の為に必要なエネルギー
に加えて、
思考、人間関係、創造性、愛情、自己価値などをキーワードに、
備わっている一面として詠める資質、感情、必要なものについて、お一人お一人にお伝えしながら、対話を深めて参ります

 

★宇宙・ほしのお話会   4月26日(水)

〜あなたとわたしの宇宙 それぞれの宇宙との対話を深める〜

⚫︎自分が生まれた時にギフトとして受け取ると決めたもの
このギフトは、自分から自分へのギフト…だけでは無くて、
お相手・誰かの・どなたかの、力となって、
周りを優しく照らす、星のような輝きとなれるもの

 

お一人お一人に授けられた【わたし】に生まれたことで、贈られたギフトの一部を、お一人お一人にお伝えしながら、対話を深めて参ります

ご家族、ご友人さま、パートナーの方始め、ご一緒にご参加されることで、

お互いの新たな気付き、発見にも通ずる機会となれましたら幸いです

 

*開催は二部構成で行います

・午前の部   11:00〜14:00

・夜の部   19:00〜22:00

 

*最少催行人数は2名さま、定員は6名さま

 

*各お話会にいらっしゃる人数によりまして

・3名さままでの場合は、個室のカフェにて

・4名さま以上からは、セッションルームなどのスペースにて行います

(場所は都内、渋谷、新宿、銀座、山手線沿線または23区内)

※お申し込み頂きました方に、場所はお知らせ致します

 

 

*お話会についての内容につきましては、こちらのブログをご参照くださいませ。

hoshi-taiyo-tsuki.hatenablog.com

 

 *お申し込みはこちらからお願いします。

宇宙と星のお話会 ご予約フォーム

 

 

宇宙・ほしのお話会】

〜“あなたの中に、わたしの中に”  宇宙を感じる〜

〜“あなたの中の、わたしの中の”  宇宙を感じる〜

 

そして…その宇宙の中にある、あなたの中のわたしの中の、闇と光を、ほしを、愛でるひと時と、なりますように☆彡

 

 最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

 

f:id:duckrin0719:20170403182929j:plain

 

 

f:id:duckrin0719:20170403182943j:plain