〜星のせせらぎ 太陽と月〜

こころ・からだ・魂、笑顔・元氣・幸せ、これら3つで1つの言葉を大切に、言の葉 (音と耳、観じること)手 (氣、空氣、活力)目 (見守る、みつめる、慈しむ、愛)をもって、日々を日常を楽しく過ごすこと、自分の勤めにこころ寄り添い過ごしてます。占星術(心理占星術)・トートタロットリーディング・インナーチャイルドケアセラピー・おからだ/お顔セラピーなど

【2017.10.10〜ご提供メニュー】星と宇宙とあなたとわたし 〜貴き命の物語〜

講座でもセッションでもない占星術

 

講座 セッション でない トートタロット

 

 

🌙星と宇宙とあなたとわたし☀️

〜貴き命の物語〜

希望と夢を 愛をもって紡ぐ旅

 

f:id:duckrin0719:20171008201539j:plain

 

このメニューは、ここから始まった、そう観じています↓

hoshi-taiyo-tsuki.hatenablog.com

 

見つめる度に発見がある

詠んで観じる度に気付きがある

 

発見した時の喜びや

素晴らしい資質に気付いた時の嬉しさは

自分の氣に働き掛けてもくれて

癒しのひと時

こころ休まる幸せ

元氣・勇氣・氣力・活力

感じ味わったり

優しさ、笑顔溢れる

時間になったり

 

 

ホロスコープを見つめる時間は、旅している時間に、似ている

 

タロットを詠んで観じる時間は、

人の心の働き、行動スタイル

バイオリズム 

日々刻まれて紡がれている日常に重なる自分の姿

自分を主人公にした物語に触れているような時間に、似ている

 

 

  

ホロスコープ、旅に似ているところで言えば、

ある名所があって、そこに行くとなった時、自分が何歳で、誰と、または一人で、いつの時期に、どうやって、そこに旅するか (旅したか)

 

旅している時・旅した後に何を感じるか

何を思ったか・何を思うのか

 

実際に訪れて、観て、感じて

経験・体験して

分かること

 

 

そして再び、同じ場所に訪れた時、その場所への旅が、仮に二度目、三度目であっても、同じ風景、景色に出逢うことは、又となくて。

それは、その場の風景を彩る、自然の在り方の変化もあるし、

その場にその時に立っている、自分、その自分は、以前訪れた自分では無いから、

その風景を観つめる先も、変わってくる。

 

 

今、こちらに書いた旅が、ホロスコープを見つめる時間に似ていると思うところ。

 

いつ、どのようなタイミングで、例えばネイタルチャート (出生図)を詠むか、ホロスコープを見つめるのは、何度目か。

誰から詠んで頂いたか、自分で詠んだのか。

ネイタルチャートを詠みながら・詠み終わった後に何を感じるか、何を思うか。

 

ネイタルチャートを何度か詠む (詠んだ)ことは、ある特定の場所に、何度も訪れる(訪れた)旅に、似ている。

 

 

タロット (トートタロット)は自分を主人公にした物語。

 

人の心の中にある葛藤や恐れ、悲しみ、欲求、欲望、喜びなどの心模様や、

心理状態、状況、現状、経験、体験、人物像と、

誰しも一度は味わったことのある、出逢ったことのある自分が、タロットカードには描かれていて。

 

あの時の自分の心情に重なる、今の自分を見つめているよう

 

カードの中の登場人物、ストーリーは、まさに自分を主人公にしたドラマのよう。

 

 

その中、風景や景色を観る旅とは違う、旅の仕方が、ホロスコープを詠む時には必要そう認識しておく大切さもある。

  

風景や景色は、自己完結で済む場合があるけれど、(目に移る観る景色に、人それぞれの感じ方の自由、見方、観る角度、感性など。ある方は、青空観て澄んだ空というかも知れないけど、その方の隣に居る方も、必ずしも、その空を観て、澄んだと表現するとは限らない。もしかしたら、ある思い出とその空を重ねて観て、悲しくなるかも知れない。)

 

ホロスコープを詠む(占星術に携わる)場合は、対相手、という人との関わりのある相互、自分から自分であっても、自分の今・そして、詠み終えた後 (未来)という、時間の流れに身を置いた時の、自分から自分へ、という相互。

 

 

タロットについて言うなら…

タロットは叡智に溢れる存在にもなれる。

予言では無くて。

道しるべや、選択肢の幅を拡げたり、視野を拡げたりする存在にもなれる。

 

 

占星術は旅するよう

タロットは物語を詠むように

 

そんな風に

この存在たちと

一緒に

 

みなさまの元へ

 

  

*旅に出る時の、ワクワク感、期待と喜び、その旅でしか経験出来ないこと

楽しさや、素晴らしい景色に出逢えた時の感動の気持ち、詰まってる時間を

 

占星術知識的な所、読み方の基礎・基本は前提に

(詠み手の主観は切り離すことは出来ないけれど)

ホロスコープを詠む時の解釈、客観的に詠み進めていくための、尺度と物差しを

知識と読み方にしながら

概念的な言葉で表し過ぎるでもない詠み方でお届けするもの

 

《お客様を尊重して、貴ぶ時間を》

 

 

*今まで歩んで来た道=旅して来た道を、一緒に辿りながら

これから歩む道=これからの旅の計画を立てるように

 

こちらからお送りする、セッションの時のような言の葉ではなくて 

お客様ご自身で、ご自身のネイタルチャート(出生図)を詠まれながら

 

理解を深めて

自分の中の資質や力、氣を観じたり

能力・才能といったところを見出したり

改めて観じたりして

自分自身の人生を創っていかれる上での

 

概念に偏り過ぎない

 

《生きるための知恵として、ホロスコープを見つめる時間を》

 

  

*1枚1枚のトートタロットカード(絵札)に添えられた、たくさんの教え、格言にも通づる言の葉

道しるべや、灯し火となる

 

《今の時代を生きるための叡智・ヒントをタロットから観じる時間を》

 

 

この度のメニューに、込めさせて頂きました。

 

 

 

お客様ご自身を探求していく旅と

お客様ご自身の物語を創っていく

そのような時間となりますように

 

 

日本折々の四季に、木々や花々に、季節毎の景色を感じ観る、美しさのように

 

あなたさまも

 

その時々に魅せる表情は、色とりどりに富み、美しさに溢れ

 

同じ場所に訪れたとしても、同じ風景は、2つと無いように

 

あなたさまも、二人といない、かけがえのない存在

 

仰ぎ見た、その空の雲や日差しに、優しさや温かさ、人柄のような雰囲気を感じるように

 

あなたさまも、感情・感性、個性豊かな人柄に溢れてる

 

  

星の輝きに希望を観じ

宇宙の叡智に夢が描かれている様に

 

 

 昼のほし  夜のほし

見えていないだけで、輝いている昼のほし

見えているけれど、輝いていること、自然になり過ぎて

意識しないと見上げなくなってしまう夜のほし

 

そんな宇宙の星たちのように

あなたさまの中にある

ほしに

 

星の数ほどの希望

宇宙の神秘に焦がれるような夢がある

 

 

 

🌙星と宇宙とあなたとわたし☀️

〜貴き命の物語〜

希望と夢を愛をもって紡ぐ旅

 

 

2017.10.10 (火)

本日から

ご提供させて頂きます。

 

 

★お申し込みはこちらをご覧ください 

hoshi-taiyo-tsuki.hatenablog.com