読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜星のせせらぎ 太陽と月〜

こころ・身体・魂の結び、笑顔・健やかさ・喜びと共に、 “命”を育むことへの想い・魂の声に耳澄ませ、こころ通わせ、源との繋がりを大切に、日々勤めています。 出逢うという奇跡、ご縁のあったみなさまとのお時間、空間にて…その場で起こる対話・気の交流に寄り添って、ご一緒に過ごす時が、みなさまにとって、一生の宝物へと結ばれますように、祈りと願いを込めて。

足すも引くも無い世界

2月は駆け抜けるような時間を過ごしていたせいもあって、その反動か、3月は緩やかに時間を過ごしているように感じています

 

実際、時間の使い方自体も、違うのもあって

 

その1つが、


“人との時間の過ごし方”

 

 

2月は、仕事でお逢いする方々が、ほぼ9割、その中、面識ある方々も9割


3月は、仕事以外でお逢いする人との時間も増え、さらに、初めましての方々、お久し振りにお逢いした方々が、この時期までの大半を占めています

 

そうすると、自分という自分の見方や感じ方に、ちょっと変化が出て来るものだなぁって

 

新たな一面や発見というのか、自分の想っていた、今の自分の姿や自分の印象って、今感じて想っていた自分と違っていたり、変わってきたり

 

もちろん、面識ある方々から頂く気付きや、学ばせて頂くことは、山ほどで。

 

ただ、第一印象という、初めまして、から紐解かれる印象や、イメージというものを、もう一度というのは、やはり面識ある方々からというのは、関係を育んで、時の流れと共に頂くのは、また違ってくるもの

 


そして


変化は怖いことでもなんでもなくて

不安になることでもなくて

何か特別なことでもない


日常の一部

自然の流れと同じこと



桜の花も、春に花を咲かせ

新緑の時を迎え

秋には深みある紅葉となり

冬には葉を落とし

その時には、次の春に咲かせる花の、準備の為に、静かにゆっくりと、自分の命を蓄えながら、蕾を芽生えさせ、膨らみ…

新たな春に花を咲かせる



自然の摂理に身を置くと

生きている上でのこのような流れは、人にも自然に備わっていて


そのバイオリズムに同調するならば…

変化について想うことや、

視点や捉え方は変わっていくものもあって、

今目の前で観ていると思っている、

映っている世界も

観える世界も、

ガラッと変わる



今年に入って

わたしは削ぐことを増やしていて


そして、今月に入ってからは、

いろんなことを

逆から捉えてみることも、

ちょっとエッセンスとして入れてみている



例えば、足りないと想うことがあった時に、足りてるものは何だろう?とか

あると感じていることには、無いことはなんだろう?

というように



反転させてみてみる



というような



そんなことを、繰り返して、たくさんの方々にお逢いした時間も過ごし


ふっと浮かんだ昨日の言葉が…


 

ー自分には足すものも引くものも無い、すでに、完璧

 

 

という言葉


ここでの自分は、1人1人の人に当てはまる意味の「自分」ということ。
(このブログを書いている、私=自分、での表現では無くて)

 


成長する必要はもう無いとか、学ぶ必要はないとか、そういう意味での足すものは無い、ではなくて
成長や進化の過程を通して、変わるもの、変わっていくもの、変えていくもの、そういう意味での引くものもは無い、でも無くて

 


軽々しく使うつもりはないのだけれど
この体感はきっと


魂について観じた


ー足すも引くも無い、完璧


なのだと想う

 


イメージは、灯篭の灯りのような

キャンドルの灯りのような
灯火の揺れの中にも
芯のある、真っ直ぐ伸びる炎を感じたような
そんな言葉でした

 


ー自分には、足すものも引くものも無い、すでに、完璧

 

 

この言葉を耳にされた時

 

 

 

 

どう感じられますか

 

 

 

 

何を感じますか

 

 

 

 

何かを、感じられますか

 

 

 

 

何かを、感じましたか

 

 

 

ー自分には、足すものも引くものも無い、すでに、完璧


 

この言葉が表に現れたことで

起こっていくであろう何かを

これから味わっていきたいと思います

 

 

この何かを深く深く観じて

より言葉にして表現出来るようになった時に

またより深い気付きが起きた時に…


この言葉から紐解かれたもの

観えてきたものを綴れたら…

と、想います

 


今は…ここまで♡

 

 

f:id:duckrin0719:20170323084940j:plain

 

 

 

f:id:duckrin0719:20170323085310j:plain

 

 

〜〜〜〜

 

*各種セラピー・セッションのお問い合わせはこちらをご覧ください

セラピー・セッション お問い合わせ/ご予約 フォーム

 

 

 

ただ 在ること その美しさ 素晴らしさ

時に悩み、苦しみ、悲しむことがあったとしても

 

その場を生き、その時を生きる

 

その姿は

 

美しく

 

素晴らしく

 

 

在ること

 

ーただ    在ること

 

その姿は

 

力強く

 

生命力

生きる力の

 

 

考えるよりも

 

感じたものに

観じたものに

 

 

削いでいく

 

シンプルな

その純真無垢な

まっさらな

その内なる煌めきに揺らめきに

 

こころの核が、こころの種が

芽となって花となり

実りとなる

 

 

魂の想いは

水のように溢れ出て

川のようにせせらいで

海のような広さと深さで

周りへと伝波して

包み込む愛となる

 

 

自然と共に自然を観じ

自然の一部の自分を観じ

自然から分けられた命を観じる

 

 

今日感じる、この春分

“外”で観じるエネルギーは

人の内にもすでにある、エネルギー

 

 

このエネルギー

循環し合っている

 

 

自分の中にある核を

自分の中にある種を

そっと内から破ったら

芽を出し花を、実をつける

 

 

その始まりは

 

ーただ、在る

 

 

存在から自然に放たれる生命力を

命の漲りを

 

ただ溢れさせて

 

自分を生きる

 

自分を、生きる

 

 

ー自分は、どう生きる?

 

 

自分は、どう生きる?

その言葉には、

自分は何かが出来ていて、

すでに成してる姿がある

 

 

もっと、より、と

上へと伸びよう、こうしよう、だけではなくて

 

拡げて繋いで結ばれる

横に隣へ…

 

ーこうしたい、こうする

 

そのものを

観じて

感じて

 

 

無理でなく自然に

力みでなく緩みへ

閉じるでなく開きへ

 

 

解いていく

溢れさせていく

 

 

表現していく

 

 

それは

ただ

在ること

 

 

存在そのもので、すでに表現されている

【自分】

 

 

ー“自分は“、どう生きる?

 

 

どこかの言葉でなく

どれかの言葉でなく

外でなく…

外からでなく

 

 

自分の内に、自分の内から


自分で観じて

 

外へと結び、外へと繋がる

 

共鳴する 共振する

 

響き合う 贈り合う

 

f:id:duckrin0719:20170320110225j:plain

 

  

f:id:duckrin0719:20170320110242j:plain

 

 

f:id:duckrin0719:20170320110257j:plain

 

 

 f:id:duckrin0719:20170320114836p:plain

 

〜〜〜〜

 

★各種セラピー・セッションのお問い合わせは、こちらをご覧ください

セラピー・セッション お問い合わせ/ご予約 フォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出逢いの輪・ご縁の和

連休初日の18日土曜日

広島にて、セッションをさせて頂きました。

 

 

占星術とトートタロットリーディング。

 

 

広島は、2月の上旬にもお伺いして、2ヶ月続けてのお伺いでしたが、

 

ー出逢う・ご縁

 

という、かけがえのない、奇跡、

尊いこと、当たり前では無いことを、

改めて感じて、噛み締めた時間でした。

 

 

初めましてで出逢った方に、セッションをさせて頂くこと、

セッションをさせて頂くこと自体の重み、

最近より感じております。

 

 

人と人との繋がり、出逢いの輪、ご縁の和

 

 

本当に、おかげさま。

 

 

お伝えさせて頂く言葉一つ一つを受け取って頂けることの有り難さ

 

本当に、頂くことばかり。

 

 

言葉磨き、日々精進して参ります。

 

 

もっともっと、深く広い心と愛を、言葉と態度と表現をもって、お届けさせて頂いて、

お贈りさせて頂ける人となれますよう、勤めていきたい、

そう感じる毎日。

 

 

出逢いのご縁を頂いたみなさまお一人お一人のお陰で、

気付きを頂き、成長の機会、進化することへ繋げていく、その循環を頂いていることの有り難さ。

 

 

ー出逢い、ご縁

 

 

自分の器を大きく、深く、広く、

そのこころを大切に…

初心と自分の足元を見つめることの大切さを、

驕らず勘違いせず、お門違いとならないよう…と、

言葉に認めておきたいことは、山ほどなのですが…

 

一歩一歩

 

勤めていきたいと思います。

 

f:id:duckrin0719:20170319220415j:plain

 

広島の河津桜、美しかった。

行きの新幹線からの富士山も、美しかった。

 

 

日本は美しい。

そう感じた景色にもたくさん、出逢いました。

 

 

この度のご縁に、心から感謝致します。

 

誠にありがとうございました。

広島、また、お伺い致します!

 

f:id:duckrin0719:20170319223518j:plain

 

 〜〜〜〜

 

★各種セッション・セラピーのお問い合わせはこちらをご覧ください

セラピー・セッション お問い合わせ/ご予約 フォーム

 

 

 

繋がる・結ばれる

イメージは、海にダイブして

奥深く、海の底、潜るような

 

その深い海の底、その場で漂うような

 

今、そんな感覚にいます

 

とっても、不思議

 

今までに無い、感覚

 

だけど、穏やかで

静かで

心地よい

 

 

今年に入ってから

自分の身体に対して、あるワークをしていて

 

側から見たら、パッとした見た目は分からないかと思いますが

変化は確実に現れていて

内的変化と体感の違いに、驚くばかり

 

 

自分の内側の連結感、結ばれ方

身体が変わると、というか

きっと、本来自分の在るべき様になると、なのだと思うけれど

こんなにもクリアになっていけるのだなぁって、色んなことが

 

そして、身体に対する力や圧の掛かり方に、こんなにも違いが出るのだなぁって

 

 

人の神秘と、身体の神秘を感じています

 

 

身体が変わると、思考が変わり

思考が変わると行動と認識も変わり

五感も変わり、エネルギーの質も変わる

 

これはほんの一部の体感で、身体の変化によって起こることは、もっともっと、あるはずなのだけれど

 

魂の住まい、心の居場所、身体の大切さを改めて感じます

 

そして、逆の視点からみたときの、五感、例えば聴覚・視覚の身体への影響力、心から身体への影響力の大きさも、感じていて

 

 

情報、言葉、気、それらの身体への影響力も同時に感じている

 

 

言霊・音霊・エネルギー

そこに宿る魂

 

 

これらと、どんな風に関わって

どのように、向き合い

どのように、使っているか、扱っているか

どんな質のエネルギーを乗せて、発しているか、放っているか

 

それは、外に向けても、内に、自分に向けてでもあって

 

その吸収の仕方によって、放たれ方によって、

言霊・音霊・エネルギーは、いかようにも変幻する

 

時に輝きとなって、時に闇となって

 

 

言葉一つ一つは、放たれる言葉は

分身だから

魂が宿るから

 

 

言葉一つで

真価

真実・本質

愛の姿

 

分かる

 

というか、観じる

 

これも、ほんの一部の例えになるかと想いますが

 

 

身体で、身体感覚で

キャッチしている

 

感じて 観じて

 

だから

言霊・音霊・エネルギー

身体感覚で、受け取ったものは

贈られ方とキャッチの仕方によって

時に身体の強張りにもなり

時に身体の解れと緩みにもなり

心を開かせもし、心を閉ざしもする

 

 

言葉というある種の道具、記号、文字に乗った

エネルギーと魂を、感じ合って、交流し合って

人は人と、繋がっていく、繋がっている

自分と自分も同じように、繋がっていく、繋がっている

 

身体で、観じている

 

 

どんな言葉を並べても、どんな表現をしても

そこに、どんなものを乗せて発しているかで

対・外へ、人へ、届くものは、届き方は、明らかに違ってくる

 

自分に向ける言葉も、表現も、そう

 

そして、言ってしまえば、身体を楽器のようにして、鳴らすように奏でるように放つ言葉は、自分の身体に共振共鳴するのだから

外に向けているエネルギー、言霊・音霊は、ダイレクトに自分の身体にも沁み込んでいる

 

外に向けているようで、自分にも同時に、放たれる、贈られている

言霊・音霊・エネルギー

宿る魂

 

 

 

 

どこから、放たれたものなのか

どなたが、贈ったものなのか

 

その言葉は…どこから溢れたものだろう

 

そのことを、お互いに感じながら

見えないものを観じながら

対話を重ねて

育んで

愛を贈り合っている

 

言の葉に託して

 

 

そしてその言の葉は、

身体に深く、沁み込んでいくような感覚で

贈り手から受け取り手に届いた時には

時間や空間という括りを超えた中にいるような

広く深い海に、身を委ねた、静かに揺れる水面のように

自分の命の源に、魂の源に、触れる機会になるのだと想う

 

 

ーあなたと私の対話

ー私と私の対話

 

その対話に、深い愛溢れる、言の葉がありますように 

  

f:id:duckrin0719:20170316190401j:plain

 

 

 

*各種セラピー・セッションお問い合わせはこちらをご覧ください

セラピー・セッション お問い合わせ/ご予約 フォーム

 

背伸びはせずに

ーただ、伸びたいように、伸びたい

ー拡がりたいように、拡がりたい

 

その伸び方が、例え、ある視点から見て

不自然な伸び方であったとしても

 

その拡がりが、無駄な拡がりを観せたとしても

 

その伸び方が、無意味だとか、必要のないことと、思われたとしても

そして、その拡がりが、不必要だったかも、と、感じることになったとしても

 

伸びたいように、伸びていきたい

拡がれるだけ、拡がってみたい

 

両手広げて、深呼吸するように

ただ、身体と心の声に添って

 

 

もっと大きくなろうとか

もっと高くなろうとか

目指して進むとか、達成させるとか

そういうことではなくて

 

 

ーただ、伸びて拡がりたい

 

 

枝葉が拡がる木のように

 

青く生い茂る、木のように

 

その生い茂った、枝葉で

時に、人の木陰になって、陽射しを凌ぐような、雨を凌げる傘のような

時に、酸素たっぷり、葉っぱから吐き出して、その酸素を吸った人の心が澄んで、清々しい気を体感頂けるような

木漏れ日の隙間から、漏れる太陽の陽射しを浴びて、元気と活力が漲れるような

 

そんな

色取り取りの、彩り豊かなエネルギーに満ちたものを携えて

伸びて拡がっていく姿のような

 

ー自然に任せて

 

 

こんな伸び方する木だったっけ?

こんな色の葉っぱ、付ける木だったっけ?

こんな花、咲く木だったっけ?

 

「こんな生い茂る木だったっけ?!」

 

そう、こんなだったの、実は。

いや、こんなじゃなかったんだけど、こうなったみたい。

 

 

想像の範囲内でなくて、想定内でなくて

意外性や、前例の無いような

そんな景色も、観てみたい

 

 

わたしにとっての、大切なものたちを

大切に、大切にして。

 

出来ること、やれること、とことん、味わいながら。

 

 

拡げていこう。

 

伸ばしていこう。

 

 

春はすぐそこ。

 

花、愛でに行きましょう♡

 

f:id:duckrin0719:20170314221830j:plain

 

 

 

f:id:duckrin0719:20170314221850p:plain

 

 

 

 

 

 

一新 致します

3月


卒業シーズンでもあり、
4月に向けた年度末でもあり…

わたし自身も、今月から

⚫︎卒業していくもの
⚫︎新たな始まりとしていくもの


そのような視点で、内省をしております。


卒業と始まりを経ながら…

ここでのブログも
“一新して”
綴らせて頂きたいと想います。


昨日と言う日、3月12日は

乙女座の満月

と言われた日ですが…


今月からは、
“満月・新月

という言葉は使わずに…


満月・新月の日の、“日にちは”合わせつつも…


ー自分のこころの声を、魂から紡ぐ言葉を、源から発するエネルギー=気を、大切に…


言葉を綴りたいと想います。

 

f:id:duckrin0719:20170313063615p:plain

 

 

 

〜〜〜〜

声なき声に耳澄ませ
自分のこころと対話する


今は分からぬ未来でも
確信の無い景色でも

こころに灯る、微かな光
わたしを照らす、灯火は

わたしの中の真実を
そっと観せてくれるでしょう


今はゆっくり自分の内と
ゆっくり、対話を重ねよう


今を噛み締め味わおう


今は…それで調度良い

今は、それが、調度、善い


道なき道を、創るから


ー本当に、わたしにとっての大切なもの、必要なことは何だろう

そこに、辿り着く為に

だから今は、ゆっくりと

自分の灯火 感じよう


わたしにとっての大切なもの、わたしの中に、すでにあるから

自分を活かし生かすもの、
わたしの中に、すでにあるから


そう…それは、この世に誕生した瞬間から、わたしは、それを大切に
大切にして
この世に舞い降りたのだから


目の前に、道なき道が見えたとしても…
自然に、自ら、自ずから…
一歩一歩と、進むなら

きっと、そこには…あなたにとって
本来、あなたの歩むべき
道“ある”道に、なっていく

 

 

 

〜救い・助け〜 この言葉に思うこと

今日は3月10日。

 

この時期だから、この時だから、特に感じているのか…

分からないけれど、

わたしの中に、溢れていた言葉たち。

 

 

ー3月11日

 

6年前に起きた、東日本大震災への、祈りと願いと、

東北のみなさま、お一人お一人の平穏な日々への祈り、

そして、全ての人々への平穏を祈って。

 

わたしの今のこころのままに、綴ること、

そのこころに添って、このテーマを紡ぎたいと想います。

 

 

わたしは、救われたって、感じることが、場面場面で、とてもあったし、助けられたと感じることも、そう。

今現在も、たくさんあります。

 

救う、助ける、という言葉たちに、抵抗は無いし、むしろ、この言葉たちは、人にとって、力となる言葉だと想っています。

 

 

言葉って、その方々の生まれた時代背景、環境、経験、関わってきた人たちや、育んできたもの、成長過程によって、言葉一つとっても、解釈や認識、表現の仕方、捉え方、使い方は千差万別で。

 

 

だから、ということは、確かにあるかも知れない、とも想っていて。

 

 

その中、わたしは、

 

ー救い 助け

 

という言葉は、これからの一人一人の心の中に、とても大切で、必要な言葉だと感じています。

 

 

わたしにとっての

 

ー救い

 

は…

 

目の前に歩いていた方が、突然目の前で躓かれて、転んでしまった姿があったとして、

そこに手を差し伸べて、その方の転んでしまった身体の状態から、立ち上がる時に、手と手を取り合うこと。

 

その立ち上がった時に、洋服に土などが付いていたら、一緒に払って差し上げて、

 

『擦り傷無いですか。』

 

ですとか、

 

『どこか痛い所、無いですか。』

 

といった、お伺いをして、大丈夫ですよ、といおっしゃるのなら、

 

『それでしたら、良かった。道中お気をつけて。』

 

というように、お言葉添えて、その場を離れること。

 

だから、日常の一場面と捉えていて。

 

 

ー助ける

 

ことについて言うのなら、

 

地図を持って、これから何処かへ行こうされている、目的地がありそうな方が目の前にいらっしゃって、

次は、どの道なりだ?こっち?!いや、あっちかな?!いや、まてよ、というような、ウロウロキョロキョロしているご様子の方に、

 

『どうされました?道、お探しですか?』

 

って、お尋ねすること。

 

だから、こちらも、日常の一場面と感じる言葉。

 

その時に、

 

『あぁー!助かりますー!実はどこどこへ…』

 

と、おっしゃるなら、その時に、一緒に地図を観て、どれどれ?になるし、

 

その場所を伺っても、わたしにはチンプンカンプンであったら、

 

他の方に一緒にお伺いを立てるなど、その場で自分のできることでの関わりをもって、

わたしでない、別の方で、その行き方にお詳しい方がいらっしゃったなら、ある種バトンタッチするようにして、

 

『では、わたしはこれで…』

 

って、その場を立ち去ることで。

 

だから、助ける、という言葉にも、なんら、特別なことと思っていないし、こうだあぁだと、定義?するようなものでもなくって。

 

 

ー日常

 

救いも助けも、日常であること。

 

 

躓いて転んで無い人に、

 

『転びました?!今?』

 

なんて、道端で急に聴く訳は無いだろうし、

 

キョロキョロしてない人に、

 

『今、確実に道、迷ってますよね?!』

 

なんて、突如お伺いをすることも無いだろうし。

 

だから、救いと助けは、日常で、

 

過度に過敏になりながら、使う必要のある言葉では無くて。

 

 

だから、

日常において、色々な場面で溢れている光景の中に、

この救いと助けも、

自然なこととして、

その時々の人との関わりや対話の中で、

こころ通わせ、寄り添わせ、歩み寄る時間と場の中に、

お互いがお互いへ自然に、表現し合えるものとして、

そのこころを大切にしていきたいと、感じています。

 

 

その救いと助けも含まれた、日常の中に、

自然なものとして、

お互いの対話と交流の中に、

笑顔が溢れ、喜びが溢れ、

一人一人の幸せが溢れている、

場と空間、時間があることを、

大切にしていけるように。

 

 

世代、性別、立場、国籍、

すべてを超えて、一緒に育んでいける場と時間を創っていく、

心通わせ、寄り添い合って、一緒に歩む道に、結んでいけますように。

 

 

明日  3月11日へ

祈りと願いのこころを添えて。

 

 

f:id:duckrin0719:20170310082236p:plain

 

 

f:id:duckrin0719:20170310082249p:plain